我が家流一戸建ての選び方

結婚して家族ができて子供が生まれて家族が増える。このタイミングで多くの人が家の購入を考えるようです。


そこに暮らす人数や将来の見通しが立ちやすくなるので、例えば周辺環境や間取りを決定しやすいためだそうですが、実は我が家も今その時期にあります。

二人の女の子に恵まれ、今はまだ幼児期ですが、この子たちと一緒に時間を過ごすための空間を持ちたいと自然に思うようになりました。

住まいというと大きく一戸建てか集合住宅かという二つの選択があります。


私個人としては最新設備を整えた見晴らしのいいマンションの暮らしにもあこがれるところですが、主人は頑として一戸建てを譲りません。


一つの建物にたくさんの家族が押し込められている感じがダメだとか。

それに都会ならまだしも、自分たちが住みたいと思う街なら庭付きの一戸建ても十分に購入できる物件だ、という主張です。
確かに庭があり駐車場から家の出入り口が近いというのは魅力ですね。
夫婦での話し合いを得て、私たちは現在自分たちの住む周辺で一戸建てを探しています。
理由は娘の幼稚園を変えたくないことや主人の職場が近いこと、そして最大の理由が私の実家に近いということです。今は専業主婦ですが、やはり将来仕事をするに当たり父や母の家に近い方が子供達のことを思うと安心です。

そのため私たちは、新築中古を問わず一戸建てを探しています。

少し前まで新築信仰の濃かった日本ですが、今では中古物件にシフトをしていると聞きました。

私たちもそんな強く新築にこだわっていません。注文住宅は経済的に無理と思っていますし、建売の新築一戸建てなら中古物件を自分たち好みでリフォームするのもありだと思っています。固定資産税も安いですしお買い得。


さらに限定された地域で探すなら、新築より中古の物件の方が選択肢が広がります。

今はまだ探し始めた段階ですが、家を買いたいと思った時から自分たちの理想の一戸建てのようなものが形になってきました。家族との思い出の舞台となる場所です。納得のいく購入で楽しく暮らしたいですね。賃貸の部屋の契約は、マンションやアパートですが、そこに一生住むわけではくて、あくまでも仮の住み家ということになります。
したがって、仕事の都合で引越しを余儀なくされる場合は、部屋を明け渡さなければなりません。
その時に、自分が初めて入居した時と同じ状態まで、きれいにすることを心がける必要があります。賃貸の住宅を契約するときに、一番最初に敷金を支払っていますが、部屋をきれいに使用していると、その敷金も返金額が大きくなります。
だから、できるだけ部屋はきれいに使っておいた方が、得をするというわけです。

しかし、実際に住んで部屋を使っていると、どうしても入居した時のようなきれいさは保ち続けることは不可能です。そのため、退去するときに、大掃除をすることになります。


大掃除をして部屋をきれいにすると、後々退去もスムーズにできるので、極力頑張って掃除をしたいです。自分で、掃除をすることが苦手という人のためには、ハウスクリーニングのサービスを利用することができますが、ハウスクリーニングのサービスを利用すると、お金がかかりますので、コストを抑えたいのであれば、自分で掃除をすることをお勧めします。
賃貸の契約は2年契約となりますので、その契約更新の時に、現在使用している賃貸に住み続けるのか、引越しをするのか考える必要があります。


そして、もし住み続けるのであれば、更新料が発生します。
また、契約を解約して新しい賃貸に引っ越すのであれば、引越しをしなければならないので、その手続きをいろいろとしていくことになります。引っ越すとなると、荷造りをしたり、荷物の整理をする必要がありますので、時間もかかるし、労力もかかります。

だから、できるだけ契約更新ができるように、自分の使い勝手のいい部屋にしていきたいです。賃貸ですので、ある程度の制限はありますが、限られた中で効率性を高めることは十分に可能です。


ほんの少しの工夫で誰もが使い勝手のいい部屋にすることができます。

















関連リンク

賃貸アパートでの生活

現在我が家は、主人と子ども二人の4人家族です。結婚前から主人が生活していた賃貸アパートで、生活しています。...

more

マンション生活での人付き合い

私は現在主人の転勤の関係で実家からは遠く離れた場所で生活をしています。この土地への転勤が決まった時には、子供達も少しずつ大きくなっていた事で、騒音の事を考えて住居を選ばなければいけないと思っていました。...

more