矢張り気になるイギリスのボーディングスクール

subpage1

ボーディングスクールといえば伝統的なイギリスが、矢張り気になるところです。

毎年世界いろんな国や地域から約3万人近くの留学生が集まり、イギリス国内の学生と一緒に勉強をしながら寝食を共にします。

ほとんどのイギリスのボーディング・スクールは、日本の中学生や高校生に該当する年齢の子ども達が学んでいて、男女共学の学校ではもちろん、寮は男女別に分かれています。


また、男子校と女子校も国内に点在していますので、カリキュラム内容と一緒に学校選びの際に参照してみてください。

私立の学校はパブリックスクールと呼ばれ、一般的に少人数クラス制での授業となり設備にもお金が掛かっています。

人気なボーディングスクールの情報を知りたい方必見です。

また、公立のボーディング・スクールは国内に40近くあり、イギリスとヨーロッパの主要経済国のほとんどが加盟しているEEA(欧州経済領域)の学生が学んでいます。国の運営なので授業料は無料ですが、寮費は利用者側の負担になります。
イギリスのボーディングスクールに希望であれば、先ず学校の英語の授業についていけるレベルまで到達することが前提であり、小学生の時に下見を兼ねて、一度日本の夏休みの期間に現地のサマースクールに参加することをおすすめします。

英語学習に最適な年齢なので、刺激を受けることにより英語学習の励みになります。

OKWaveに関するお悩み解決にはこちらです。

イギリスのボーディングスクールで有名といえば、過去に19人の首相を輩出したイートン・カレッジで、エリザベス2世が週末暮らすウインザー城に近接する場所に位置し、1000人以上の子ども達が在籍しています。



寮の数はなんと25もあり、13歳〜18歳までの男子が学んでいて、ゴシック建築の校舎に歴史博物館が併設されています。
また、ロンドンの北西にあるハロウ・スクールは、農場や湖がある自然溢れる広大な敷地を擁し国内ではスポーツが有名なボーディングスクールとして知られ、ラグビーやクリケットの競技場、ゴルフコースなどがあります。